MAINTENANCE

体育館・武道場のメンテナンス、維持管理


ワックスはなぜ不要?

体育館用フローリングには体育館専用ポリウレタン樹脂塗料が使われており、スポーツ競技に適したすべり係数と耐摩耗性など優れた性能を有しています。日常清掃を行う事で性能を維持する事ができ、ワックスを塗る必要はありません。むしろ塗る事により、汚れが付きやすくなり、車椅子のスリップ痕やヒールマーク(シューズで擦れた痕)が付着しやすくなってしまいます。またワックスの艶出し用パラフィン成分により、塗料を弾いてしまうため、再塗装の妨げになりポリウレタン樹脂塗料摩耗後の重ね塗りが出来なくなってしまいます。


※1
ワックスを塗り重ねて行くと、汗、皮脂、毛髪も塗り重なり、大変不衛生な状態と言えます。
※2
各種体育館用フローリング用ワックスが市販されておりますが、光らせる事は出来ても塗膜の保護にはならず、床の傷を防ぐ事は出来ませんので御注意下さい。

ワックスは剥離洗浄作業の禁止!

ワックス除去専門業者による洗浄マシンは、ワックス除去材の除去に大量の水を使用し洗います。除去剤を塗布後、しばらく剥離までのタイムラグが必要で、ただちに取り除く事は出来ません。当然その間に水分はフローリングの目地に浸透し、乾燥する事になります。この急激な、浸透乾燥が繰り返されるとフローリングには大変厳しい環境と言う事になります。よって蓄積したワックス除去は、サンディングマシンによる削り替えのみとなってしまいますので注意が必要です。

一口メモ
ポリウレタン樹脂塗料は、スポーツ競技に適したすべり係数の数値内(C.S値 0.5〜0.8)で設計されており、日常清潔を維持する事により、特にワックスを塗る必要はありません。一度ワックスを塗ると、その上にポリウレタン樹脂塗料が出来ません。削り変えるまでワックスメンテナンス以外のメンテナンスが出来なくなります。