MAINTENANCE

体育館・武道場のメンテナンス、維持管理


体育館を使用する直前に日常清掃するのが効果的

床表面の土砂、ほこり、塵、汚れを取り除き、清潔に美観を保つ事がスポーツフロアメンテナンスの基本です。体育館使用中は、空気中にほこりや塵は舞っていますが、そのほこりや塵は、使用後一晩掛けてフローリングに降り積もる事になります。

【対応商品】

マジカルラウンド
フローリングメンテナンス用コンディショナー

マジカルラウンド

土砂やワックス類の侵入防止

体育館の出入り口が屋外に面している場合、土砂が侵入しやすいです。また倉庫やホール、廊下と面している場合、塩ビシートやタイルの油脂類、艶出し用のワックス等が靴底に付着したまま入ってきます。それを防ぐために、毛足の長い大型の土足用マットを敷く事が最も効果的な対策です。

一口メモ
ダスキンマットは、静電効果と汚れ落としの溶剤だけが含まれており、パラフィン系の艶出し材は含まれておりませんのでお勧め致します。
※マットは防火認定のものを選択する事。また敷き放しにすると床が変色する事が御座いますので定期的な位置変更をお勧めします。

椅子の脚等のカバー、
結露や水分の持ち込みの防止

体育館で使用する備品、机、椅子等は必ず脚にフェルトやスポンジ、布等柔らかいカバーを被せ床を保護して下さい。
フロアシートを使用する場合は必要ありません。

スポーツフロアの結露は、室内の湿度が高く床面温度が室内温度より低いとき起こる症状です。結露は、建築物自体の損傷を早める原因となります。結露の防止は、発生原因を見極めた上、対策を講じて下さい。万が一結露や水分により床面が濡れた場合、速やかにモップや雑巾で拭き取り、決して放置しないように心掛けをお願いします。

フローリングの割れ、ササクレを発見した場合の処置

フローリングは板目、木取りの方向により擦れが生じ、"ササクレ"から"割れ"に進展する事があります。
ササクレを発見した場合、元の部分より可能な限りカッターナイフで削ぎ取ってテープを覆うように貼り応急処置してください。またそのまま放置せず部分補修を行ってください。
部分補修でフローリングを貼り換えた箇所は、既存フローリングに合わせ削ることがあります。そのため板厚は薄くなり強度も落ちます。

雌実割れが多くみられる体育館は、フローリング自体が寿命のため早めの張替え工事を御検討下さい。 ガムテープやビニールテープで覆うのではなく、応急処置専用(ポリプロピレン製でかつ弱粘性)のテープを使用して下さい。

日常点検、定期点検、再発防止処理の徹底

床の日常点検は定期点検を軸として行い、使用者にも協力を仰ぎ、損傷を早期解決する事。施設管理責任者自らが行うように心掛けて下さい。修復すれば終わりではなく、損傷原因を取り除く事が再発防止のために必要です。確実に行って下さい。

ラインテープについて

ラインテープの使用を間違えると、塗膜やフローリング表面材が剥離する恐れがあります。

ガムテープのような粘着力の強いものは厳禁。出来るだけ弱粘着性の専用ラインテープを使用して下さい。
原則として、塗装後3ヶ月以内は、ラインテープの使用は控えて下さい。使用後の張り放しは厳禁です。最長でも1週間以内に撤去をお勧めします。

ラインテープの剥がし方
ラインテープは手元に手繰り寄せる要領で剥がして下さい。間違っても上に引っ張りながら剥がす事は厳禁です。

体育館清掃用モップについて

黄色いホールモップは、汚れを擦り取るモップで、体育館清掃用モップとして適当ではありません。

体育館用モップとは
乾拭き用の白モップ(幅600?1200mm程度)で、艶出し材を含まない、帯電防止剤を含んだ処理材で処理したものを言います。必ず厚みのある首の固定された幅広の体育館専用モップをご使用下さい。このモップは汚れを擦り取るのではなく、埃やゴミを集め取り除くためのモップで体育館床の清掃には欠かせないものです。

モップによる清掃方法
綺麗なモップを裏返して、専用のコンディショナーを霧吹きで2?3回吹き付けます。フローリングの長手方向(仕上げ材の張り方向)に向かってモッピングして行き、もとにもどる方法で繰り返しモッピングして下さい。必ず最後に外周部を廻り、拾い落としの埃をを集めて下さい。

ホールモップは何故使用してはダメなの?
ホールモップは埃を集塵するのではなく、汚れを擦り取るのが特徴です。艶を出すために柄とモップ部は自在に動き擦りやすいように軽く力が入るようになっています。主に玄関ホールや廊下等の長尺塩ビシート、クッションフロア、タイル等の仕上げ用のモップです。フローリングには適当ではありません。

体育館用モップのクリーニングの仕方

帯電防止剤処理をしてない汚れの酷いモップは、集塵性能が著しく低下しておりモップ掛けの滑りが顕著に悪くなりモッピングが全く効かなくなってしまいます。中性洗剤でよく水洗いして下さい。


中性洗剤を水で30?40倍にうすめ、よく水洗いします。
濯いで絞り乾燥させる前にモップへマジカルラウンド等のモップ用処理剤をまんべんなく、しっとりとする程度にスプレーします。
モップ面を内側にして干して下さい。
(通常夕方スプリーしますと翌日には使用できます)
汚れを酷く手に負えない場合は、当社フロアコンディショニング部(043-245-4125)までご相談下さい。一般のクリーニングでは受け付けてもらえない場合があります。

汚れの種類別による処置方法

ラインテープ後の汚れ
ベンジンまたは溶剤タイプのクリーナーを布にしみ込ませて拭き取ります。ラッカーシンナーなどの溶解性の強い溶剤は塗膜を痛めますので使用しないで下さい。

スキップマークの除去
マジカルラウンド Bspec等の溶剤タイプのクリーナーで拭き取ります。

【対応商品】

マジカルラウンド Bspec
フローリングメ緊急ンテナンス・汚れ落とし・スキップマーク除去

マジカルラウンド



靴底によるワックス、油類の持ち込み
帯電防止剤を含むマットを清潔に保ち、競技中の滑りにはマジカルラウンド Bspecとシューズワイパーを併用する事により迅速に靴底を洗浄できます。

【対応商品】

マジカルラウンド Bspec
フローリングメ緊急ンテナンス・汚れ落とし・スキップマーク除去

マジカルラウンド

シューズワイパー
汚れや埃による滑りを防止

シューズワイパー



ジュース、清涼飲料水による汚れ
気がついたら出来るだけ早く固く絞ったモップなどで拭き取ります。とりにくいときは中性洗剤液をスポンジにつけて拭き、更に水をつけ固く絞った布等で拭きます。

炭酸マグネシウムによる汚れ
固く絞った雑巾やウエスの水拭きで除去します。

フロアシートによる汚れ
マジカルラウンド Bspec等の溶剤タイプのクリーナーで拭き取ります。

【対応商品】

マジカルラウンド Bspec
フローリングメ緊急ンテナンス・汚れ落とし・スキップマーク除去

マジカルラウンド



血液による汚れ
余分な血液をタオルで拭き取り、弱アルカリ性の洗剤をスポンジにつけて拭き、タオルで吸い取ります。酵素入り洗剤も効果があります。