「より強く、より美しく、より快く」床(Floor)と壁(Wall)のパイオニア


コートライン変更工事

施工方法-旧コートラインからの変更手順

1.1回目研磨 2.1回目塗装 3.2回目研磨 4.2回目塗装
5.3回目研磨 6.ライン墨出し 7.ライン塗装 8.3回目塗装
9.施工後

1.1回目研磨

この時、新ラインの墨出しも一緒に行います。削りのペーパー番手は、既存床によって変わります。
(WAXがかかっている等で)通常は♯80を使用。

2.1回目塗装

現場で変わりますが、基本は2液性油性ポリウレタン塗料を使用(乾燥時間縮尺の為)

3.2回目研磨

バイブレーターを使用。番手は♯120

4.2回目塗装

1回目塗装と同様に塗装します。

5.3回目研磨

バイブレータを使用。番手は♯120

6.ライン墨出し

1回目研磨の時に出しておいた墨を、基準にライン幅等を確認しながら、新ルールに従い施工。
マスキングテープで施工範囲を出します。

7.ライン塗装

既存のバスケットボールコートの色で描きます。
この時、絡みのある他のコートラインも多少削ってしまう為、補修も同時に行います。

8.仕上げ塗装

艶ありの塗料を使用。(同様に2液性)

9.施工後

注意事項
① - 施工中は、アリーナ内全面立ち入り禁止。
② - 養生は1~2日必要。(3回目塗装時)
③ - スローインサイドライン・ベンチライン・ミニバスのスリーポイントの位置の打ち合わせがあるので、
    現地にて、確認して頂く必要があります。(役所・学校関係者等)
④ - 施工時間は
    1、2面で4日(養生込み)
    3面で5日(養生込み)
    4面以上は、要相談