「より強く、より美しく、より快く」床(Floor)と壁(Wall)のパイオニア



体育館用鋼製床

体育館用鋼製床

主として体育館などの体育施設のフローリングの下地として使われます。昔は木で組んだものが主流でしたが、現在では下記の写真のように鋼製で出来ており、クッション性能など用途によって硬さを変えることも可能です。
近年、災害時には避難所としてして使われることの多くなった体育館には高い信頼性が必要です。古い体育館の木製ネダ組による床は木束が基礎に固定されていない場合が多く、地震による振動で木束が基礎からずれて挫屈してしまうことがあるようです。

支持脚、大引きネダは@900㎜、ネダは@300㎜で施工するのが普通ですが、使用頻度の高い場所や移動式のバスケットゴールなど特に重量物が移動する箇所は強化することができます。また、柔道場専用のクッション製が特に優れたものもあります。


体育館用鋼製床
【取扱いメーカー】
  • 株式会社桐井製作所
  • 三洋工業株式会社
  • 株式会社染野製作所
  • 株式会社UFJ


体育館用フローリング

体育館など運動施設に使われるフローリングは通常の住宅用のフローリングと比べ高い耐久性と寸法安定性が求められます。加えて運動施設ではコートライン等を現場で施工する必要があるため、現地にてノンスリップウレタンを塗装することが基本とります。
弊社では専門の塗装技術者が責任を持って施工をいたします。

体育館用フローリング
【取扱いメーカー】
  • 北海道パーケット工業株式会社
  • 株式会社テーオー小笠原
  • 松原産業株式会社