「より強く、より美しく、より快く」床(Floor)と壁(Wall)のパイオニア



コートライン工事  削り替え工事

コートライン工事

-ルール改正の適用時期-
国際バスケットボール連盟(FIVA)の通達による2010年度の競技ルール改正に伴い、コートラインの変更が必要となりました。(財)日本バスケットボール協会では、新ルール採用時期を2011年4月1日からとして、新ルールに対応した体育館の新築・改修・補修等の猶予期間を2013年3月31日までと定めています。まだ変更工事がお済でない場合はご相談ください。

新コートライン
旧コートライン

【新コートライン変更点】

①制限区域
制限区域の形が台形から長方形に変更されました。
バスケットからフリースローラインまでの距離に変更はございません。
②スリー・ポイント・ライン
バスケットの中心からスリー・ポイント・ラインの距離が50cm長くなり、6.75mになりました。
③スロー・イン・サイド・ライン
オフィシャルズテーブルの反対側のサイドラインに、新たに引かれる短いラインです。
エンドラインより8.325mのところにコートの外側に向かって引かれます。
このスロー・イン・サイド・ラインは、新スリー・ポイント・ラインの頂点と同じ位置になります。
④ノー・チャージ・セミサークル
バスケットの真下を中心として、新たに引かれるラインになります。
円周の内側が半径1.25mの半円です。

* 合わせて下記 体育館の補修工事(削り替え・塗装)を承ります。

削り替え工事

体育館の補修工事(削り替え・塗装)を承ります。既存床の研磨の目安は8年~10年です。使用条件やメンテナンス方法によって時期は異なりますが現地調査をさせて頂き、アドバイスすることもできます。